不動産ホームページに適切なドメインをサポートします

更新:2017/12/18

4つのドメインの画像

ドメインはSEOで最も重要な要素

不動産ホームページの開設時に最も注意したいのがドメイン名の検討です。キーワードに関連したドメインのSEO影響力は高くGoogleの順位決定の要素の1つです。

また、検索結果のドメイン名を見てクリックするユーザは多く、この心理も最終的にGoogleの検索結果に良い影響をもたらします。

ドメインの注意するポイント

極力シンプルに短く覚えやすいドメインにする

ライバル不動産や、反響が良く集客したいキーワードを入念に調べ、読み手が判りやすいキーワードで、記憶しやすい短い一般名称を含むワードをドメイン名の候補としましょう。強力な、一般的な、市場を示すような不動産ドメインはあなたに重要かつ幸先の良いスタートをもたらします。

新規ドメインと既存ドメインの違い

新規か既存のドメインがどのような状況かも重要です。

新規ドメインは、既に取得されていないドメインであれば自由なドメイン名で取得が可能です。その一方で、新規ドメインは検索エンジンに認識、評価されるまで一定の期間を必要とします。その間は検索結果に表示されない、表示されても翌日には消えているなど不安定な挙動をします。

定まった期間はなく、短くても数週間、長いと数か月にも及ぼします。

既存ドメイン(中古ドメイン)は、新規ドメインに起こるブランク期間が比較的発生せ済みます。「比較的」というのは、既存ドメインを今までどのように運用していたかによって変わるため一概には言えません。

しかし、既存ドメインの運用が適切に行われていたのであれば、ドメインがホームページにもたらす恩恵が大きく差がでてきます。

再取得の場合も仲介名人スタッフにご相談下さい

再取得、新規取得、他社からの移転、他社への移転、いずれの場合でもドメインの移転、運用に関わる作業が必要です。これらの作業は専門的な知識を要するため、まずはご一報下さい。

特に移転は失敗すると大きなリスク(評価ダウンや一時的に閲覧不可になる)になるのでご注意下さい。

移転に関してはお客様都合だけではなく、レジストラ(お名前.comやバリュードメインなど)への申告と承認手続きも必要です。ドメイン専門業者から取得していない場合、移転できない事もあるので、契約会社への確認は必須となります。ご注意下さい。

仲介名人ではドメインの運用も含めてSEO視点からトータルなアドバイスをいたします。お気軽にご相談下さい。

お問合せは
こちらから