不動産ホームページのSEOキーワードの最適化

更新:2017/12/20

積木にkeywordsと書かれた画像

SEOでのキーワードとは?

検索エンジンがキーワードと認識するのは文章次第

一般的に、キーワード=「赤坂,賃貸,マンション,不動産」等、単語の羅列を思い浮かべがちですが、検索エンジンからすると、これらの単語羅列は「何の意味も持たない」評価の対象外となります。

例えばGoogleに「赤坂,賃貸,マンション,動産」をキーワードとして認識させたいならー

赤坂見附駅周辺の賃貸マンション専門不動産「仲介名人不動産」です。当店は常時300件以上の築浅・駅近・手数料無料物件をご用意しています。お電話やメールでの問い合わせも受け付けています。お気軽にお問い合わせ下さい

文章として重要度が高いのがページタイトル<title>と説明文<description>です。

文章構築のために目的となる語句の選定

タイトルと説明文用の重点ワードを決めましょう

不動産の検索ワードで重要なのは「地名」「駅名」「ランドマーク」です。多くの買い手、借り手は、まず、「どの辺に住みたい」かを調べますので、その地名・エリアに関わる単語を決めましょう。

非常に良い
  • 地名をズバリ1つか2つ。例:「西荻久保」
  • 最寄り駅をズバリ。例:「小田原駅」
  • ランドマークをズバリ。例:「東海大学周辺」
ちょっと広め
  • ズバリを3つ。例:「西荻・荻窪駅・吉祥寺駅」
  • 人口が少なめの市町村。例:「鹿島市」
  • 短めの沿線名。例:「江ノ電」
推奨できない
  • 都道府県。人口が多い都市名。例:「大阪府」
  • 大きすぎるランドマーク。例:「富士山」
  • 中長距離の路線名。例:「京王線」

特長を強調しましょう

どんな物件を扱っているかを決めます。単に賃貸売買というのではなく、取扱物件の特長を表現しましょう。

非常に良い
  • 物件の趣味・嗜好例:デザイナーズマンション
  • 価格の傾向。例:学生向け格安、手数料0円
  • プラスになる条件。例:ペット可物件、新築多数
ちょっと広め
  • 物件の形態。例:アパート、マンション、売マンション
  • 取引の形態。例:賃貸、売買
推奨できない
  • 指定しない。
  • 単に「不動産」。

タイトル文を構成してみましょう

Webサイト説明文(description)はSEOで最も重要なポイントの1つです。80字〜120字以内を目指して作りましょう。「大事なキーワードをとにかく前へ」。説明文作成は、緻密な計算が必要で時間の掛かる作業ですが、一度設定したら長く使うので、とことんこだわりましょう。

タイトル文の構成

お問合せは
こちらから